指定緊急避難場所・指定避難所等一覧

更新日:2022年03月15日

指定緊急避難場所や指定避難所をお知らせします

指定緊急避難場所や指定避難所をお知らせします。
下記PDFファイルにてご確認ください。

避難所と避難場所の違い

   学校や公民館などの公共施設は、風水害時など、一時的な使用の場合は「避難場所」になり、大規模災害などで、避難生活を送る場合は「避難所」になります。
   「避難場所」には、津波から避難するための「津波避難場所」や「津波緊急避難ビル」もあります。

【避難所】
   被災者などが一定期間、避難生活を送るために滞在する施設です。

【避難場所】
   災害の危険から逃れるために緊急に避難する場所です。洪水、津波など、災害の種類ごとに異なります。

指定緊急避難場所(津波避難場所)を確認しましょう。

   本市の津波避難場所は、平成25年度に津波ハザードマップを作成する際に、南海トラフ巨大地震が発生した場合でも、津波から緊急的に避難し、身の安全を図ることができる場所として、自主防災組織や自治会、学校等から推薦をいただき、市が現地確認をし、推薦者と協議した上で私有地も含めて指定しています。

  津波浸水区域にいる方は、 いざという時に避難できるように日頃から津波避難場所を確認しておきましょう。

・津波避難訓練に参加しましょう。
・日頃の散歩で、安全な避難経路を確認しながら、津波避難場所まで歩きましょう。
・防災訓練で、自主防災組織が実施する草刈りに対し、自主防災組織育成補助金が活用できます。

指定緊急避難場所(津波緊急避難ビル)とは

   津波緊急避難ビルは、津波到達までに津波浸水域外や津波避難場所に避難できない方が緊急に避難する建物です。
   津波から避難する際には、まずは津波浸水区域外や津波避難場所を目指しましょう。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 危機管理課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8406
ファックス:073-483-8483
メール送信:kikikanri@city.kainan.lg.jp