死亡した野鳥を見つけたら

更新日:2021年03月01日

 野鳥は、様々な原因で死亡します。飼われている鳥と違って餌が採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうこともあります。
 また、自然界では、事故や野鳥間の争い等で怪我をして死んでしまう場合もあります。
 カラス、スズメ、ハト、トビ、ヒヨドリ等の野鳥の死亡羽数が1羽や、自然発生的な怪我により死んでいた場合は、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。

死亡した野鳥の処分方法について

 野鳥は、体内や羽毛などに様々な細菌や寄生虫を持っていたりしますので、死亡した野鳥は素手で触らずに袋に入れ封をして、燃やせるごみとして処分してください。

多くの野鳥が死亡している場合

 同じ場所(見渡せる範囲程度、3日以内)で、たくさんの鳥(5羽以上)が死んでいたら、鳥の感染症や毒物による事件等が疑われます。海草振興局健康福祉部(電話:482-0600)に連絡してください。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
くらし部 環境課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8456
メール送信:kankyo@city.kainan.lg.jp