熱中症に注意しましょう

更新日:2022年05月27日

熱中症とは

熱中症は、高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく室内で何もしていないときでも発症し、救急搬送されたり、場合によっては死亡することもあります。
熱中症について正しい知識を身につけ、体調の変化に気をつけるとともに、周囲にも気を配り、熱中症による健康被害を防ぎましょう。

熱中症を防ぐために

適宜マスクをはずしましょう

  • 屋外で人と2メートル以上離れている場合は、マスクをはずしましょう
  • 激しい運動は避けましょう
  • 気温、湿度が高いときは特に注意しましょう

暑さを避けましょう

  • エアコンなどを利用し、部屋の温度を調整しましょう
  • エアコン使用時は、感染症予防のため、こまめに換気しつつ、温度を調整しましょう
  • 涼しい服装にしたり、日傘や帽子を使用しましょう
  • 少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動しましょう
  • 涼しい室内に入れなければ、外でも日陰へ移動しましょう

こまめに水分補給しましょう

  • のどが渇いていなくても、こまめに水分補給をしましょう
  • 1日あたり1.2リットルを目安にしましょう
  • 大量に汗をかいたときは塩分も忘れずに補給しましょう

日ごろから体調管理をしましょう

  • 暑さに備え、暑くなり始めの時期から、無理のない範囲で適度に運動しましょう
  • やや暑い環境で、ややきついと感じる強度で毎日30分程度の運動をしましょう
  • 体調が悪いときは、無理をせず自宅で静養しましょう

こんな症状があったら熱中症を疑いましょう

軽度

  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 筋肉痛
  • 汗がとまらない

中等度

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 体がだるい(倦怠感)
  • 虚脱感

重度

  • 意識がない
  • けいれん
  • 体温が高い
  • 呼びかけに対し、返事がおかしい
  • まっすぐに歩けない、走れない

熱中症が疑われる人を見かけたら

涼しい場所へ

  • エアコンが効いている室内や風通しのよい日陰など、涼しい場所へ避難させましょう

からだを冷やす

  • 衣服をゆるめ、からだを冷やしましょう(特に、首の周り、わきの下、足の付け根など)

水分補給

  • 水分、塩分、スポーツドリンクなどを補給しましょう

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう

 

 

子どもと高齢者は特に注意を

子ども

  • 晴れた日は、地面に近いほど気温が高くなるため、子どもは大人以上に暑い環境にいます。
  • 子どもは体温調節機能が十分に発達していないため、特に注意が必要です。

高齢者

  • 高齢者は温度・湿度に対する感覚が弱くなるために、室内でも熱中症になることがあります。
  • 室内に温湿度計を置き、こまめに水分を補給することを心がけましょう。

熱中症警戒アラート運用中

熱中症警戒アラートは、熱中症の危険性が極めて高い暑熱環境になると予想される日の前日夕方または当日早朝に都道府県ごとに発表されます。

熱中症警戒アラート発表時は徹底した予防行動を

  • エアコンを適切に使用しましょう
  • 外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう
  • 熱中症のリスクが高い方に声をかけましょう
  • 外での運動は、原則、中止、延期をしましょう
  • 普段以上に熱中症予防行動を実践しましょう

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

くらし部 健康課
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8441
メール送信:kenko@city.kainan.lg.jp