令和3年海南市文化表彰式

更新日:2021年11月17日

令和3年海南市文化表彰式

海南市の文化の向上発展に顕著な功績があった方を表彰する「海南市文化表彰式」が、令和3年11月2日(火曜日)に海南市役所で開催され、洋画家の中尾久代さんが文化功労賞を受賞されました。

記念撮影

 

表彰状贈呈

 

受賞者 中尾 久代 氏 挨拶

本日は、表彰いただきまして誠にありがとうございます。

海南市文化功労賞という栄を賜り、身に余る光栄に存じます。一言お礼のご挨拶を申し上げます。

神出市長様、ご来賓の皆様方におかれましては、ご多忙の中ご臨席いただき、またこのように盛大に讃えていただきましたこと、心よりお礼申し上げます。

私は、教職に在った時は、海南海草図工美術研究会で、学校美術に関わってまいりました。8年に1度回ってくる県大会で研究授業、研究発表、そして後半は事務局として会の運営に関わりました。研究会の要項作成に休憩時間を利用して、各校から集められる原稿の整理をしました。終わりの5年間は会長として、会員の協力を得て大会を成功させました。

そんな中、教員仲間の絵画クラブができ、先輩先生のお誘いがあり、入れていただきました。学生時代に使って片付けていた絵具を取り出し、仕事の合間に描くようになり、絵画教室にも通いました。その頃から県展・市展・各公募展に出品しました。退職後はそれまで叶わなかった写生旅行にも参加し、重い道具を持ち、春は梅や桜、秋は紅葉と四季折々の風景を求めて各地を回りました。

県美術家協会の手伝いをさせていただく中、熊野博覧会写生会を、そして、有田市写生会、桃山町写生会等の手伝いもさせていただきました。

海南市美術家協会の発足と同時にお誘いを受け参加させていただき、海南市美術展にも関わらせていただきました。

絵を通して多くの人に出会い、親しくさせていただき、いろいろな経験もさせていただきました。振り返ってみますと、現職の時も退職後も、目の前に与えられた目標に向かって、楽しく進んできたように思います。

そして今、その結果を評価していただき、このような立派な賞を頂戴することができました。本当にありがとうございました。これからはこの立派な賞の名を汚さぬよう歩んでまいります。そして、海南市の文化のため、微力ながら力を尽くさせていただきます。皆様方にはより一層のご指導をいただきますよう、お願い申し上げます。

本日は、本当にありがとうございました。

海南市文化功労賞

中尾 久代(海南市下津野・昭和12年生まれ)

経歴及び功績

昭和12年、海南市に生まれる。昭和35年に和歌山大学学芸部を卒業後、小学校教員となり、以来、平成10年に大東小学校の校長をもって退職するまでの間、長年にわたり、海南海草図工美術教育研究会の運営に努め、児童・生徒の作品展示会を運営するなど、図工美術教育の向上に力を尽くした。

小学校教員を務める傍ら、洋画家として芸術活動に励み、退職後も県内の各美術展に精力的に出展、第53回和歌山市美術展覧会、第60回和歌山県美術展覧会においては、共に招待推挙を受けるなど、数々の受賞を重ねた。その後は、個展・グループ展の開催に情熱を注ぎ、現在も洋画家としてキャンバスに作品を描き続けている。

一方、平成17年に設立された海南市美術家協会では、設立当初から献身的に運営に携わり、他の協会員とともに同会の活動を支えてきた。また、平成23年以降は、洋画部門を軸とした長年の芸術活動を礎に、海南市美術展の審査員に就任し、同美術展の充実・発展に寄与している。

氏のこれまでの活動は、洋画家としてだけでなく、後進の指導育成や本市の芸術・文化の振興に広く貢献しており、その功績は誠に多大である。

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 総務課 秘書係
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8400
ファックス:073-482-0099
メール送信:hisyo@city.kainan.lg.jp