現在の場所

印鑑を登録するには

印鑑登録とは

 印鑑登録証明書は、印鑑登録をしている人に係る印鑑登録原票に登録している印影の写しについて証明するものです。不動産の登記や自動車の登録、公正証書の作成など、法令に基づいて提出を義務づけられている場合に必要です。
 また、住民の権利・義務の発生、変更に伴う行為に広く利用されており、日常生活に極めて重要な役割を果たしています。

登録できる人

 海南市に住民登録がされている人で、満15歳以上の後見登記されていない人

登録できる場所・時間

場所

  • 市民課(市役所1階)
  • 下津行政局
  • 各支所・出張所

時間

 平日の8時30分から17時15分まで(年末年始を除く)

登録方法

 印鑑登録は本人申請です。登録しようとする本人が直接、窓口へ来て、登録申請してください。

本人申請による方法

1 官公署発行の顔写真付き証明書による方法 (即日登録できます)

 官公署発行で顔写真が貼りつけられ、割印もしくはシールプレスされた登録しようとする本人の本人確認書類(注釈1)と、登録しようとする印鑑を持参してください。

(注釈1)本人確認書類の例 自動車運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、在留カード、特別永住者証明書、身体障害者手帳など

2 保証書による方法 (即日登録できます)

 注釈1の本人確認書類がない場合、海南市ですでに印鑑登録している人に保証人になっていただき、登録する人が本人であることを保証していただきます。その際、保証人の登録印および印鑑登録証が必要です。
 併せて、登録しようとする本人の本人確認書類(注釈2)と、登録しようとする印鑑を持参してください。

(注釈2)本人確認書類の例 健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、年金証書など

3 文書照会による方法 (3~5日かかります)

 上記2の保証人がいない場合、登録しようとする本人の本人確認書類(注釈2)と、登録しようとする印鑑を持参してください。
 窓口で登録申請(仮登録)した後、申請した本人あてに照会書(回答書)を郵送しますので、指定期日までに、その本人が照会書、登録しようとする印鑑、本人確認書類(注釈2)を申請した窓口まで再度、持参してください。

代理人による方法(3~5日かかります)

 印鑑登録の申請は本人申請が原則ですが、病気その他やむを得ない理由により、本人が窓口まで直接、申請できない場合は、代理人による申請もできます。
 代理人が次の1から5までをすべて持参のうえ、登録申請してください。

  1. 登録しようとする印鑑
  2. 代理人の印鑑 (認印可)
  3. 代理人選任届 (登録しようとする本人が記入し、署名・押印したもの)
  4. 登録申請する人の本人確認書類 (注釈3)
  5. 代理人の本人確認書類 (注釈4)

 窓口で登録申請(仮登録)した後、登録しようとする本人あてに照会書(回答書)を郵送します。指定期日までに、代理人が照会書、登録しようとする印鑑、代理人の本人確認書類(注釈4)を申請した窓口まで再度、持参してください。

(注釈3)本人確認書類の例 自動車運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳など

(注釈4)本人確認書類の例 自動車運転免許証、マイナンバーカード、パスポートなど

 

印鑑登録申請書(PDF:8.4KB)

代理人選任届(PDF:44.1KB)

印鑑登録できない印鑑

  1. 住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名もしくは通称、または氏名もしくは通称の一部を組み合わせたもので表していないもの
  2. 職業、資格その他氏名または通称以外の事項を表しているもの
  3. ゴム印その他の印鑑で変形しやすいもの
  4. 印影の大きさが1辺の長さ8ミリメートルの正方形に収まるもの、または1辺の長さ25ミリメートルの正方形に収まらないもの
  5. 印影を鮮明に表しにくいもの
  6. 1~5に掲げるもののほか、登録しようとする印鑑として、市長が適当でないと認めたもの

関連リンク

印鑑登録を廃止するには

印鑑登録証明書の交付請求

「コンビニ」で証明書が取得できます

「Adobe Reader(Acrobat Reader)」ダウンロード PDFファイルを閲覧するには「Adobe Reader(Acrobat Reader)」が必要です。お持ちでない方は、左記のボタンをクリックして、ソフトウェアをダウンロードし、インストールしてください。

お問い合わせ先
総務部 市民課
〒642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8450
メール送信:simin@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ