現在の場所

海南市の保育所(園)一覧

公立
施設名 電話番号 所在地 入所定員 受入年齢 特別保育
室山保育所 482-1369 黒江222 90人 2歳以上 延長・障害児・一時
(一時は2歳児以上)
日方保育所 482-1951 日方1289-26 160人 6カ月
  以上
延長・障害児
内海保育所 482-1089 鳥居69 60人 2歳以上 延長・障害児
こじか保育所 492-1007 下津町上2‐1 260人 6カ月
  以上
延長・障害児・一時
(一時は2歳児以上)
きらら子ども園 487-2370 沖野々434 155人 6カ月
  以上

延長・障害児・病後児
(一時は2歳児以上)

私立
施設名 電話番号 所在地 入所
定員
受入年齢 特別保育
くるみ
保育園
483-4522 井田89-2 120人 6カ月
  以上
延長・障害児・一時
(一時は2歳児以上)
五月山
こども園
483-8888 北赤坂3-1 140人 6カ月
  以上
延長・障害児・一時・病後児
(一時は2歳児以上・
 病後児は3歳児以上)

                              保育時間

原則
保育
時間

平日 8時30分から16時30分

土曜日 8時30分から12時

延長
保育
平日 7時から7時30分
   18時30分から19時
 
 (くるみ保育園は 18時から19時)
 
 
   (五月山こども園は
 7時から7時30分、18時30分20時まで)
土曜日 7時から7時30分、12時から13時

(きらら子ども園は7時から7時30分、12時から17時)
(くるみ保育園は12時から13時)
(五月山こども園は7時から8時、12時から17時)

 延長保育をご希望の方は「延長保育申請書」の提出が必要です。


保育所入所のご案内

【入所基準】

 保育所(園)へ入所(園)できる児童は、次のことが常態となっている場合で、同居の親族や
その他の方が保育できない場合に限ります。

家庭内外
労働
 児童の親が昼間、家庭の内外で仕事をすることが普通なので、児童の保育が
できない。(就労時間1ヶ月48時間以上です。在園児については経過措置がとら
れる予定です)
母親の
出産等
 母親が妊娠中であるか又は出産後間のない状態にあるため、児童の保育が
できない。
 ※出産予定日の産前6週間・産後8週間を保育の期間とします。
疾病又は
負傷等
 疾病にかかり、若しくは負傷し、又は精神若しくは身体に障害を有しているため、
児童の保育ができない。
病人の
看護等
同居の親族(長期入院している親族を含む)を常時介護又は看護するので、児童
の保育ができない。
災害 震災・風水害・火災その他の災害の復旧に当たっているので、児童の保育ができ
ない。
求職中 求職活動(起業の準備を含む)を行っているので児童の保育ができない。
※求職の場合、求職期間は1ヶ月です。
                   仕事が決まったら就労証明を提出。
学生 専修学校、各種学校その他これらに準ずる教育施設に在学しているので、児童の
保育ができない。
職業訓練 就労を前提とした職業訓練を受けているので、児童の保育ができない。
虐待等 保護者が、児童虐待を行っている又は再び行われるおそれがあると認められた
場合。
配偶者
暴力等
配偶者からの暴力により児童の保育ができない。
育児休業中
(在園児)
育児休業中の間に、上の児童が入所している保育所等に引き続き利用すること
が必要であると認められた場合。
その他 上記に掲げるもののほか、市町村が認める事由に該当する場合。

 

【申込方法】

 年度当初(4月1日)の入所申込については、毎年10月上旬に受付を予定しています。年度途中の入所
申込については、定員に余裕がある場合、子育て推進課にて随時受付いたします。

 ・保育所入所申込書

 ・児童を保育することができないことを証明する書類
 

   ・勤務している方・・・就労証明書(所定用紙)復職証明書(所定用紙)
     ・自営業などの方・・・自営業申立書(所定用紙)農業申立書(所定用紙) 
   ・勤務内定している方・・・就労内定証明書
   ・求職中の方・・・就労予定申立書(所定用紙)仕事が決まれば早急に証明書提出
   ・出産予定の方・・・母子手帳の写し(予定日の記載部分)
   ・病気や障害のある方・・・診断書、身体障害者手帳、療育手帳等の写し
   ・病気介護の方・・・介護申立書(所定の用紙)と診断書等、
               介護が必要であることを証明するもの
   ・就学、訓練の方・・・在学証明書とカリキュラム
   ・育児休業中の方(在園児)・・・就労証明に期間を明記
   ・その他・・・保育ができないことを示すもの(民生委員さんの証明等)

  ※祖父母やその他の親族が同居していたり近くに住んでいる場合は、
   その状況についても証明書をお願いします。


・保育料を決めるのに必要な書類(入所が決定してからです)

  ・入所希望年の1月2日以降、他の市町村から海南市に転入された方は、
    他の市町村における入所希望前年度・入所希望年度課税証明書
  ・生活保護費を受給されている方は、受給がわかる書類 


・その他(問診票等)※入所が確定した際にご提出いただきます。

 

平成27年度からの保育料基準額表(新保育料)

 

所得割課税額をもとに算定

3歳未満児(3号認定)

3歳以上児(2号認定)

階 層 区 分

保育標準時間

保育短時間

保育標準時間

保育短時間

1.

生活保護世帯

0

0

0

0

2.

市民税非課税世帯

3,700

3,700

2,700

2,700

3.

均等割のみ課税世帯

7,900

7,900

5,300

5,300

4.

48,600円未満

9,000

8,900

6,400

6,300

5.

73,000円未満

11,200

11,100

8,600

8,500

6.

97,000円未満

15,800

15,600

13,100

12,900

7.

133,000円未満

26,000

25,600

18,600

18,300

8.

169,000円未満

33,500

33,000

21,000
(19,900円)

20,700
(19,600円)

9.

301,000円未満

44,000

43,300

24,000
(21,500円)

23,600
(21,200円)

10.

397,000円未満

49,000

48,200

28,000
(23,500円)

27,600
(23,200円)

11.

397,000円以上

53,000

52,100

32,000
(26,000円)

31,500
(25,600円)

    ※平成27年度に限り「3歳以上保育標準時間」及び「3歳以上保育短時間の階層区分8.9.10.11.の
     保育料については、それぞれ( )内の額とする予定です。

 



 

お問い合わせ先
くらし部 子育て推進課
〒642-8501
海南市日方1525番地6 東別館1階
電話:073-483-8430
ファックス:073-483-5010
メール送信:kosodate@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ