難聴児補聴器購入費の一部助成

更新日:2021年03月01日

身体障害者手帳の交付対象とならない軽度・中等度の難聴の児童を対象に、言語の習得、教育等における健全な発達を支援し、もって福祉の増進に資することを目的に、補聴器の購入に要する費用の一部又は全部を助成する制度です。

対象者

次の要件をすべて満たす人

  • 海南市内に住所を有する18歳未満の人
  • 両耳の聴力レベルが30db以上70db未満で、身体障害者手帳の交付の対象とならない人
  • 指定自立支援医療機関の医師が、補聴器の装用により言語の習得等一定の効果が期待できると判断する人

注意:所得制限があります。

対象者またはその属する世帯の他の世帯員の市町村民税所得割の最多市町村民税所得割課税者の納税額が46万円以上の場合は助成の対象外となります。

助成額

  • 市町村民税非課税世帯は、各補聴器に定められている基準額
  • 市町村民税課税世帯は、各補聴器に定められている基準額の3分の2

手続きについて

補聴器の購入前に申請してください(補聴器の購入後の申請はできません)。

この記事に関するお問い合わせ先
くらし部 社会福祉課 障害福祉係
電話:073-483-8602
ファックス:073-483-8429
メール送信:syafuku@city.kainan.lg.jp