情報公開制度

更新日:2021年03月05日

海南市の情報公開

海南市では、市政に対する市民の理解と信頼を確保し、行政の説明責任を果たすため、原則公開を基本としながら公文書の公開と市政情報の的確な提供に努めています。

情報公開制度とは

市の職員が組織的に使うものとして保有している文書、図画や電子データの公開を求めることができる制度です。ただし、書籍のように市販されているものや、図書館などで一般の方が閲覧できる歴史的資料などは請求できません。

公開請求の方法

公開請求の方法については、次に3つがあります。

  1. 窓口(本庁4階総務課)で直接公開請求する方法
  2. 郵便で公開請求する方法
    郵便での公開請求書の送付先】
    郵便番号642-8501
    和歌山県海南市南赤坂11番地
    海南市総務部総務課 庶務係
  3. ファクシミリで公開請求する方法
    公開請求書を海南市総務部総務課 庶務係
    (ファックス:073-482-0099)へ送付ください。

公開請求書は、下記からダウンロードできます。

情報公開事務の流れ

情報公開を行う機関(実施機関)

市長、教育委員会、選挙管理委員会、公平委員会、監査委員、農業委員会、固定資産評価審査委員会、病院事業管理者、消防長、議会(以上10機関)

公開請求ができる方

  1. 市内に住所を有する方
  2. 市内に事務所又は事業所を有する個人及び法人その他の代表者
  3. 市内の事務所又は事業所に勤務する方
  4. 市内の学校に在学する方
  5. 1から4までの方のほか、実施機関が行う事務又は事業に利害関係を有する方

備考:5の具体例

  1. 実施機関によって処分を受けた方が、自己の権利利益に影響を受け、又は受けるおそれがあるとき。
  2. 市内に土地建物を有する方が、市の都市計画、施設建設、道路整備等によってその資産に影響を受け、又は受けるおそれがあるとき

など

公開対象となる公文書

実施機関の職員が職務上作成し、又は取得した文書・図画・電磁的記録で、実施機関の職員が組織的に用いるものとして、実施機関が保有しているもの

公開の実施

  公開・部分公開の決定通知書に記載されている日時、場所で、直接閲覧(無料)していただけます。写しの交付を受ける場合は、作成に要する費用が必要となります。
写しの交付を郵便で希望される場合は、作成に要する費用(実費)及び該当写しの送付に要する費用(切手の額面)を納入通知書により事前にご負担いただくことになります。

情報公開に係る手数料
公開の方法 手数料の額
閲覧 無料
白黒コピー 1枚につき10円(両面複写20円)
カラーコピー 1枚につき50円(両面複写100円)
その他の方法 公開した方法に要した実費額

 

公開しないことができる情報

公開請求された情報は、原則公開されますが、次の6つに関わる情報は、公開することで差し障りがあるものとして、公開されません。

  1. 個人に関する情報
  2. 法人等に関する情報
  3. 法令秘情報
  4. 公共の安全と秩序の維持
  5. 審議等に関する情報(市民等に不当に混乱等を及ぼすおそれのあるもの)
  6. 事務等に関する情報(事務事業の適正な遂行に支障を及ぼすおそれのあるもの)

公開の決定に不服がある場合

請求された公文書が公開できないときは、その理由等を決定通知書でお知らせしますが、その決定に不服があるときは、行政不服審査法に基づき3ヵ月以内に不服申立てができます。
なお、不服申立てがあったときは、学識経験者等で構成する情報公開・個人情報保護審査会に諮問し、その答申を尊重して不服申立てに対する決定等を行います。

不服申立ての流れ

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先
総務部 総務課 庶務係
郵便番号:642-8501
海南市南赤坂11番地
電話:073-483-8590
ファックス:073-482-0099
メール送信:somu@city.kainan.lg.jp