現在の場所

離婚届 -離婚するときは-

どうすればいいの?

離婚届の手続きの方法、必要な書類や関連手続きについて

  協議離婚 裁判離婚
届出期間

ありません
(届出日が離婚成立日となります。)

調停の成立、審判または判決等の確定日から10日以内
届出人 夫と妻 申立人または訴えを提起した人
(届出期間経過後は、相手方からも届出できます。)
届出地 夫婦の本籍地または所在地の市区町村
届出に必要なもの
  • 離婚届書1通

▼成人に達した証人2人の署名捺印が必要です。
▼夫婦間に未成年の子がいる場合は、父と母のどちらが親権者となるかご記入ください。

  • 夫婦それぞれの印鑑(朱肉を使うタイプのもので、ゴム印不可)
  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 戸籍謄本1通(本籍地が海南市の人は不要です。)
  • 離婚届書1通
  • 届出人の印鑑(朱肉を使うタイプのもので、ゴム印不可)
  • 調停・和解・認諾調書の謄本、または審判・判決書の謄本および確定証明書
  • 窓口に来る人の本人確認書類
  • 戸籍謄本1通(本籍地が海南市の人は不要です。)

注意事項

  • 婚姻時の氏を離婚後も使い続けたい場合は、別途「離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届)」の提出が必要です。離婚届と同時、または離婚の日から3カ月以内に提出してください。
  • 閉庁時間・土日祝は、届書の預かりのみで内容の確認はできません。
  • 離婚届に関する手続き(下表)は、平日の業務時間内に市民課、下津行政局、各支所・出張所に来ていただく必要があります。
住民異動 離婚届を出されても住所は変わりません。住所を異動する必要のある人は、別途手続きが必要です。
印鑑登録 婚姻中の氏で印鑑登録をしている人で、離婚により氏が変わる人は、自動的に抹消となりますので、必要に応じて再登録してください。
マイナンバー「通知カード」
マイナンバーカード
氏や住所が変わる人は、手続きが必要です。通知カード・マイナンバーカードをご持参ください。
お子さんの戸籍 離婚届を出されても、お子さんの戸籍に変動はありません。入籍届などは窓口でご相談ください。
  • その他、各種保険証などの氏変更、児童手当の受給者の変更、児童扶養手当の申請、ひとり親家庭医療費助成制度の申請などは、各担当課での手続きとなります。

関連リンク

戸籍や住民異動等の届出、または戸籍の証明書や住民票の写し等の交付請求の際の「本人確認」が法律で義務付けられています

本人確認のための書類

お問い合わせ先
総務部 市民課
〒642-8501
海南市日方1525番地6
電話:073-483-8450
メール送信:simin@city.kainan.lg.jp

ページの先頭へ